奄美群島の海浜事故情報

奄美海上保安部より、奄美群島内で起こった海浜事故についての情報が入りました。
8月に入ってから、すでに2件の事故が発生してしまったようです。
女児1名が意識を失う事故を、男性1名は死亡)

事故が起こってしまった時の様子と、そのようなケースに陥らないための注意点に
ついて、ぜひご一読をお願い致します。

 

海で安全に楽しむためのお願いです

いよいよ8月が始まりましたね!

徳之島観光連盟の空港事務所は飛行機の到着出口すぐそばにありますが、この時期はシマンチュと遠くに住む家族との久々の再会で空港が賑わいます。

なかには親を伴わず、航空会社のサポートサービスを利用して帰ってくるちびっ子たちも多く、到着出口で待ち構えるおじぃやおばぁ等との喜び満面の笑顔には心がほっこりします(^^)

そして、そのちびっ子たちの楽しみの一つにやはり海水浴はかかせませんね。

島の夏休みを毎日楽しく過ごしてもらえるよう、ぜひ海上保安庁からのお願いを必読ください。

  • ・シュノーケリングを安全に楽しむための基本
  • ・海で泳ぐときの注意!何かあった時の対処法       
  • ・実際にあった海浜事故の一例や件数

 

今日も空港にはシマンチュやちびっ子たちの笑顔があふれています(^^)

~自然豊かな徳之島を次世代へ~

奄美大島・徳之島には世界的にも希少な動植物が多く生息しています。
しかし残念ながら自然環境の悪化や、その希少さゆえに多くの野生動植物が
乱獲され、絶滅の危機に瀕しています。

そんな貴重な自然を守るために、法律の規定に違反した場合は厳しい罰則
(絶滅の恐れのある野生動植物の種の保存に関する法律では、最高で
5年以下の懲役または1億円以下の罰金)が課せられるようになりました。

希少な野生動植物を後世まで保護するため、皆さまのご理解とご協力を
お願い致します。

そして・・・・・

自然の悪化と乱獲以外にも、自動車によるアマミノクロウサギの
事故が多発しています。

島内では今年すでに過去最高の10件に達してしまうという悲しい
ニュースがあり、その痛ましい写真が朝日新聞のウェブニュース
にも掲載されました。
※悲惨な写真がございますので、写真をアップしてご覧になる場合は
 十分ご注意ください。

このような痛ましい事故が二度と起こらないよう、クロウサギの生息
地帯では徐行運転を心がけていただくよう、改めてご理解とご協力を
よろしくお願い致します。

この豊かな自然と動植物を、次世代につなげましょう!

「茶処あがりまた」来店客3千人達成!

天城町HPより

昨年12月、天城町の当部集落にオープンしました「茶処あがりまた」の来店客数が3千人を達成し、22日のセレモニーでは来店3千人目の天城町瀬滝集落在住の院田吉雄様へ記念品が贈られました。

詳しくは↓

天城町HPhttps://www.yui-amagi.com/modules/pico/index.php?content_id=2481

南海日日新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180723-00010003-nankainn-l46

「茶処あがりまた」は婦人部によって運営されており、基本的には土・日・祝日のみのオープンになります。週ごとのメニューは、Facebookからご覧いただけます。(集落内の生活風景など、ほっこりとした内容が魅力です。)

皆様も足を運んでみてはいかかでしょうか。

『トライアスロンin徳之島』開催中!(コース一部変更)

台風7号の接近で開催も危ぶまれていましたが、コースを一部変更し8時から開催しております。(台風の影響で徳之島町南部、伊仙町のコースは通過しないようです。)

スイムが第1ランへ、バイクが畦プリンスビーチで折り返し、第2ランコースは例年どうり『第1ラン(5.48Km)→バイク(約40Km)→第2ラン(20Km)』の『デュアスロン』を採用。

※第1ランコース:与名間ビーチ → クロスカントリーパーク2Km1週 → 与名間ビーチバイクトランジション

コース沿道にて応援されていらっしゃる皆様、交通整理員の皆様、ボランティアの皆様、関係者の皆様、台風に気を付けて頑張って下さい。