徳之島クイズ

徳之島にちなんだクイズ!簡単なものから、島人でも唸るような難しい問題までバラエティーに富んだ全109問の中からランダムで5問出題されます。徳之島雑学王を目指して何度も挑戦してみてくださいね〜!

  • 第01問

    徳之島伝統のお茶である「ふぃーちゃ」にはある特徴がありますが,その特徴は何でしょうか?

    1. 色が真っ黒である

    2. 非常に苦い

    3. 泡が立っている

    答え:3.泡が立っている

    「ふぃーちゃ」は沖縄では「ブクブク茶」,全国的には「振茶」と呼ばれており,家族の団らんや,友人・仲間たちの語らいの絆を育んだ徳之島伝統のお茶です。 竹枝製の茶筅で丹念にかき混ぜることで,きめの細かい泡がたちます。 長寿で知られる泉重千代翁や本郷かまと嫗も「ふぃーちゃ」を愛飲していました。
    徳之島町誌徳之島町徳之島町誌編纂委員会 奄美新聞2015.1.7「伝統の「振り茶」実演・茶会」
    閉じる
  • 第02問

    ハブの活動が盛んな時期はいつでしょうか?

    1. 7月

    2. 9月

    3. 11月

    答え:2.9月

    ハブの活動に適した温度は,18℃~30℃で,24℃前後が最も活発に活動します。 1年の中では,4月~6月と9月~10月が活動の盛んな時期になるので,注意が必要です。
    ハブ対策推進協議会パンフレット
    閉じる
  • 第03問

    徳之島町の町章はひらがなの『と』をモチーフにしていますが,1本の軸を中心に描かれた円は何を表しているでしょうか?

    1. 町民の「和」

    2. 徳之島の形

    3. 町民の「友情」

    答え:1.町民の「和」

    昭和39(1964)年に制定された町章で,「とくのしま」の「と」の文字を図案化したものです。 また,天城町の町章は「天城」の「天」の文字を図案化したものであり,伊仙町の町章は「伊仙」の「伊」の文字を図案化したものです。 なお,天城町の町章は昭和39(1964)年,伊仙町の町章は昭和37(1962)年に制定されています。
    徳之島町ホームページ 天城町ホームページ 伊仙町ホームページ
    閉じる
  • 第04問

    伊仙町面縄地区の第1貝塚から壮年女性の人骨が出土されましたが,この人骨は何時代の人骨でしょうか?

    1. 旧石器時代

    2. 縄文時代

    3. 弥生時代

    答え:3.弥生時代

    徳之島から弥生時代の人骨が出土したのは初めてのことです。 種子島以南の鹿児島県に属する離島の形質人類学研究資料としてはきわめて貴重なものであると考えられています。
    伊仙町埋蔵文化財発掘調査報告書(3)面縄貝塚郡伊仙町教育委員会 伊仙町
    閉じる
  • 第05問

    闘牛の技で本当にあるのはどれでしょうか?

    1. ツノ掛け

    2. マキ割り

    3. 猫騙し

    答え:1.ツノ掛け

    闘牛の三大基本技は「ツノ掛け」「マキ突き」「腹取り」です。
    徳之島の闘牛松田幸治編南國出版
    閉じる

※このクイズは、鹿児島県 大島支庁徳之島事務所『平成29年度 若手職員育成プログラム』の一環として作成されました。

プロジェクトメンバー

波江野 未侑・角 大地・久冨 生喜・伊集院 恵・豊留 夏実・瀬戸口 馨介・坂元 謙太・伊東 翼・緒方 麻耶・向 玲華